健康維持に便利なのがサプリメント!購入するのも簡単

サプリメントの選び方・購入方法

サプリを持つ人

利用法と注意すべき点

気軽に選び購入できる点がサプリメントの魅力です。ドラッグストアやスーパー、通販まで購入手段は多岐にわたるので、自分に都合の良い方法で購入することが可能でしょう。

READ MORE

不足した栄養素を補うアイテム

日常的な食事だけで、体に必要な栄養素を100%摂取することはほぼ不可能です。そのため、20代を過ぎたあたりから体にだんだんと小さな不調が現れ始めるでしょう。そうなった時に活用できるのがサプリメントです。

どんなときにサプリメントが欲しくなる?

肌にハリがなくなってきた時

体の部位の中でも、年齢の変化による影響が如実に現れてしまうのが肌です。肌のコンディションは10代後半をピークに徐々に徐々に衰えてしまうため、必要な栄養素を摂取して老化のスピードをできるだけ抑える必要があるのです。肌に効果的な成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸などが挙げられますが、これらの成分はサプリメントとしてかなりの数が販売されているので、簡単に摂取可能です。

便秘が1週間以上続いた時

年齢にかかわらず悩まされてしまう症状の中に、便秘があります。便秘は特に女性に多い症状で、年齢にかかわらず誰もが悩まされてしまう厄介な症状です。軽い便秘だと実害があまり無いですが、ひどくなると肌荒れや腹痛などが生じ仕事などに影響を与えます。その為、悪化する前にきちんと対策を講じる必要があるのです。便秘の簡単な対策法としては野菜やヨーグルトなどから摂ることが可能な食物繊維、乳酸菌の摂取が挙げられます。また、最近では便秘に効く成分をまとめて配合したサプリメントも販売されているので、コチラを利用するのも効果的でしょう。

足腰の痛みがひどくなってきた時

中高年を過ぎた方の間で人気となっているサプリメントが、グルコサミンを配合したサプリメントです。グルコサミンは骨と骨をつなぐ軟骨を生成するための成分となっており、年齢とともに減少していく成分でもあります。中高年を過ぎて関節痛を発症してしまうのは、このグルコサミンの減少が一因となっているのです。そのため、市販のグルコサミンサプリメントなどを摂取することで、関節痛を和らげることが可能です。

赤ちゃんのために葉酸がほしい

妊娠した際には、葉酸の摂取を勧められることが多いです。葉酸とは胎児の生育に必要となる成分のことで、この成分が不足した状態で生まれてくると、生育不良などの障害を抱えてしまう可能性があるのです。そのため、妊娠時に葉酸が配合された成分を取り入れようとする方は非常に多いです。葉酸は納豆や枝豆などの豆類、レバーなどに含まれている成分ですが、妊娠時にはこれらの食材が十分に食べられないこともあります。そのため食事ではなく、サプリメントを利用して摂取する方も多いのです。

更年期障害の症状がつらい

40代後半頃になると、更年期障害に悩まされる方も増えてきます。更年期障害になると精神的に不安定になったり、体調を崩しやすくなったりと日常生活に大きな影響を与えてしまうでしょう。しかしいくつかのサプリメントを利用することで、この症状を大幅に緩和することが出来ます。例えば大豆イソフラボンを配合した製品なら、ホルモンバランスを調整する働きが期待できるでしょう。他にもエクオールやプラセンタといった健康成分が由来のサプリメントを取り入れることで、更年期障害の症状を緩和することが出来ると言われています。

サプリメントの基本的な疑問

サプリメントって効くの?

サプリメントに対して、即効性を求めてしまう方も少なくありません。そのため、1週間程度使い続けて「効果が無いから」と利用をやめてしまう方もいるのです。しかしサプリメントは薬と違ってあくまで「食品」であり、あくまで日常生活で摂ることが難しい栄養素を「補助」するものだということを覚えておきましょう。

薬との併用は可能?

持病があって薬が手放せない方などは、サプリメントを敬遠してしまう傾向にあります。「医師から貰ったもの以外を摂るのに抵抗がある」という方も少なくないでしょう。もちろん自分の判断で薬とサプリメントを併用してしまうのは良くないですが、医師に確認をとれば両方の併用も十分可能です。同じ症状への対策でも、サプリと薬でアプローチが異なる場合もあるので、気になる成分があるなら確認してみても良いでしょう。

どのくらいの期間飲み続ければいいの?

前述したように、サプリメントは1週間程度飲み続けるだけで目覚ましい効果が出るようなものではありません。最短でも1ヶ月~2ヶ月ほど摂り続けなければ変化が現れないものなので、根気よく飲み続けるようにしましょう。

飲む量やタイミングは?

薬の場合「1回2錠、食前に飲んでください」といった風に飲み方が指定されていますが、サプリメントはそうではありません。サプリメントは1日の大まかな目安量しか書いていないので、ある程度自由なタイミングで飲むことが出来ます。毎日指定される最大量を摂り続けることも出来ますが、体の様子がおかしいなどの違和感が生じた際には、摂取を止めるなどの対処でバランスを取るようにしてください。

飲み忘れても大丈夫?

薬と違って処方されるものではないため、買い忘れてしまいがちなのがサプリメントの特徴です。しかし薬のように、飲み忘れで効果が大幅に落ちるようなことは無いので安心しましょう。ただし出来る限りは空白期間を作らないほうが良いので、買い忘れが多い方は定期購入などを利用すると良いでしょう。

【PR】
健康サプリを購入する
身体の内側からキレイになれる

気軽に栄養補給できる

婦人

基礎的な栄養が摂れるベースサプリメント

サプリメントにも大まかなタイプがあります。例えばビタミンやタンパク質、必須アミノ酸など生きるための成分を補うサプリメントはベースサプリと呼ばれます。食生活が不安定で健康が危ぶまれる方は、ベースサプリメントを利用して栄養を補うと良いでしょう。

珍しい成分を使用したヘルスサプリメント

一方プロポリスやプラセンタといった、必須ではないものの体に良い影響のある成分はヘルスサプリメントと呼ばれます。このタイプは他の食材に見られない特殊な栄養素が配合されていることも多いので、薬との併用時などには必ず医師に確認するようにしましょう。

飲み過ぎは危険です

サプリメントは薬に比べて効果量が低いため、飲み過ぎによる悪影響も薬に比べるとだいぶ軽いです。ただし食事の食べ過ぎが病気につながるのと同様に、サプリメントの飲み過ぎも病気につながる可能性があるので注意してください。

広告募集中